Googleアドセンスのまとめ情報はここをクリック!

      2017/10/24

インターネットでお金を得る方法との出会い

SALE 値札

話の時期は少し戻り2012年、うつ病で休職中に復職を支援する施設に通っていました。

 

そこで出会った友人2人がインターネットでお小遣い稼ぎをしていて、毎日のようにお金儲けの話をしていました。

僕もインターネットネットオークションなどは聞いたことがあったし、少し出品した経験はありましたが、たくさんのお金を得るようなことはやったことがありませんでした。

僕はその2人と仲が良かったので、よく話を耳にすることがありましたが、友人2人の売上単価は安いと100円程度のようで、僕はそのとき、

 

「100円や200円などのお金を得ても仕方がない」

 

本気で、そう思っていました。

 

なぜなら当時僕はパチンコをよくしていて、儲かるときは万単位で稼げていたからです。
(もちろん負けるときも多々ありましたが・・・)

 

でも仲良くしていると興味をそそられるようになってきて、少しやってみてもいいかなと思い出しました。

最初は、家にあるいらないものや使わないものを売るといいと教えてもらいました。

 

すぐ売りたいならヤフオクよりもAmazonで売る方がいいとも聞いたので、試しにゲームソフト、書籍、押し入れに眠っている使わないものなどを出品してみました。

するとすぐに売れ出し、「なぜこんなものが?」と思うようなものまで、毎日のように売れていきました

 

100円くらいのものから2000円以上のものがたくさん売れました。

やっているうちに100円でも200円でも売れる楽しさや喜びを知りました。

たしかに売れると「おお!売れてる!」となるので嬉しいです。

不要品ばかりなのに驚くことに3万円くらいのお小遣いを得られました。

このとき初めてインターネットから収益が得られることを知りました。

 

やがて家の中にある売れそうなものがなくなると、友人に「次は仕入れに行こう」と言われ、ブックオフに連れて行ってもらいました。

 

せどりとの出会いです。

 

せどりとは、ブックオフやリサイクルショップなどで、古本、CD、DVD、ゲームなどを安く仕入れ、Amazonやヤフオクなどで高値で転売し、利益を得る方法です。

スマホで簡単に相場を調べられるツールがあり、友人は高値で売れそうな古本をチェックしていました。

僕も見よう見まねで古本をチェックしてみると、ほとんど利益が出ない本ばかりでしたが、中には500円や1000円で取引されているものを見つけることができました。

何冊か購入し、帰宅して出品して売れると、1000円以上の利益が出るものもありました。

 

しかし、しばらく続けていると、ブックオフに通い、利益の出る古本を見つけて、出品し売れると梱包し発送しに行く作業が面倒になってきました。

もちろんなかなか売れない場合は在庫となります。

 

たしかに会社で働いているよりは、ずっと楽をしてお金を手にすることができますが、足を使って利益の出る古本を探す、肉体労働に変わりがありません。

友人2人はせどりに夢中でしたが、僕はアフィリエイトという方法にとても興味がありました。

 

せどりは、古本などを買ってきて売るだけなので、報酬を得られやすいですが、アフィリエイトは仕入れ不要、在庫不要、梱包不要、発送不要で、せどりのような肉体労働をしなくいいことが僕には魅力的でした。

また、大きく収益化することができれば、ほったらかしで不労収入を得ることも可能です。

僕はどうしてもアフィリエイトで収益を得たいと思い、せどりを辞めてアフィリエイトをやり始めました。

 

とは言ったものの当時の僕はアフィリエイトの知識なんてまったくありません。

無料ブログの登録の仕方は、遊び程度に自分の日記を書くために使っていたので知っていましたが、その程度です。

 

どんなブログテーマでアフィリエイトをすればいいのか、自分なりに考え、猫が好きなので当時飼っていた猫の日記ブログを開設し、猫関連商品のアフィリエイト広告をブログにペタペタ貼っていました。

 

しばらく更新してもまったく売れることはなく、「アフィリエイトってお金を得られないんだ」と思っていました。

 

それでもアフィリエイト関連の書籍を購入し、勉強していると日記ではなく商品レビューをしてお金を得ることを覚えました。

今度は商品レビュー用のブログを開設し、毎日商品のレビューを書いては更新していました。

すると、ちょっとずつ収益を得られるようになってきて、アフィリエイトが楽しくなってきました。

 

11月くらいにおせちのレビューをして、4万円以上の収益を得られたときはテンションが上がっていました。

 

しかし、そこまでお金を得られたのはそれっきりで、その後はずっと低迷したままだったので、なんとかしたい思いでアフィリエイトのノウハウがまとめられた教材を買いました。

 

しかし教材は当時の僕には難しすぎました。

「アフィリエイトは簡単にお金を得られやすい」

それがインターネット上の風潮でありました。

 

僕は教材を購入し、書いてあることをそのまま実践すれば、簡単にお金を得られるという思いが強すぎて、自分で考えたり工夫することをまったくしませんでした。

今思うと当時は、難しすぎたのではなく、理解しようとしなかっただけでした。

むしろ「教材に書かれていることをすべて実践したのか?」と聞かれると、していませんでした。

 

アフィリエイトで大きなお金を得られる人は、特別な人や頭のいい人なんだと思い込み、2013年1月でアフィリエイトを辞めてしまいました。

 

 

次のページは、

Googleアドセンスに挑戦

※好きなページから読みたい場合は以下から読んでみてください。

 

<古川英宏プロフィールメニュー>

 

Copyright© Googleアドセンス総合専門家 古川英宏 , 2017 All Rights Reserved.