Skype無料相談会参加受付中です('∇')

      2017/02/19

WordPressのすべてのバックアップを簡単で確実にする方法を解説

 
WordPressバックアップ方法

この記事を書いている人 - WRITER -


うつ病で人生のどん底を味わうがネットビジネスで再起し、人間にとって本当に自由な人生を手に入れました。
自由を手に入れる方法、ネットで収益を得る方法、ブログノウハウなどを解説する記事を書いています。
⇒詳しいプロフィールはこちら

すずのねいろ

サイトのバックアップって意外としてない人が多いみたいです。

サイトは長く運営していればしているほど、
あなたの資産になりますので、とても大切なものです。

あなたのお店のすべてであると言い換えれます。

バックアップしてないと大切なサイトのデータが吹っ飛ぶ可能性があるので、
本当は怖いことなんです。

僕も以前、WordPressのバックアップをしていなかったために、
復旧までにとても焦ったことがあります。

そこで今回はレンタルサーバーのバックアップをする方法を解説します。

何か起こってからでは遅いので定期的なバックアップをして、
失うものの保険をかけておきましょう!

バックアップの方法を知りたい方は必見です!

 

なぜバックアップがそんなに必要なのか?

┐(´_ゝ`)┌「普通にWordPressを使ってたら問題ないんじゃないの?」

 

ぼくも以前までは、そう思っていたし、
「そんなにやばいことが自分には起こらないだろう」と思っていました。

 

でも、「もし万が一」ということを考えてバックアップを取るようにしました。

バックアップを取り始めた矢先、いきなりブログがおかしくなりました!

WordPressの管理画面が真っ白になったのはプラグインお前のせいだ!
↑↑↑
この記事にも書きましたが、
いきなりWordPressの管理画面にログインできなくなる緊急事態です。

 

「自分にもやばいことが起こるんだ!」と痛感しました(´;ω;`)

 

さらに最近こんな記事が掲載されていました。
↓↓↓
https://japan.cnet.com/article/35096156/

 

WordPressの新しいバージョンが公開されたら、
すぐに更新するのは当たり前だと僕は思っていたのですが、
意外と面倒くさいから更新を見送っている人っているんですよね。

他にもブログ記事を更新することなく放置している場合は、
新しいバージョンに更新しないこともありますよね。

 

こういう問題に付きまとってくるのは、不正アクセスです。

不正アクセスされると管理画面への侵入により、データの改ざんをされる可能性、
はたまたサーバーの凍結をされる可能性もあります。

 

不正アクセスだけではなく、自分のデータベースの設定ミスやデータの破損は、
いくらサーバー側がバックアップを取ってくれていても、
サーバー側も対応してくれることも難しいかもしれません。

 

僕ももしブログが改ざんされたり、使えなくなると思うと、
怖くて夜も眠れません((((;゜Д゜)))

 

そんな不測の事態にしっかり対応できるためにも、
バックアップを取っておきましょう!

 

バックアップ方法は、2つの手順を行うだけで簡単に保存できます!

まず、サーバー内のデータファイルを保存し、
データベース(MySQL)を保存します。

 

意味が分からなくても、この2つをバックアップしておけば、
大丈夫と思っていただければいいですよ!

 

では、データのバックアップ方法を紹介していきます!

 

サイト全体のデータをバックアップ

僕はエックスサーバーを使っているので、
エックスサーバーでのバックアップ方法を紹介します。

難しくないので他社でもそれほど変わりはないと思います。

なお、FTPソフトでもバックアップはできますが、
ファイル数が増えるのと、エラーやミスがありえますので、
できる限りサーバーでのバックアップをおすすめします!

 

それではバックアップをしていきましょう。

 

WordPressバックアップ

 サーバーパネルにログインして、「バックアップ」をクリックします。

 

WordPressバックアップ

 「ホームディレクトリ」の「ダウンロード」をクリックします。

ホームディレクトリのダウンロードで全部のファイルをバックアップできますが、
もし、個別にダウンロードしたい場合は各々ダウロンードします。

基本はホームディレクトリのダウンロードで、
全部のファイルをダウンロードしてしまいましょう。

 

ダウンロードが終わると1つ目のダウンロードが完了です。

大切に保存しておきましょう!

 

データベース(MySQL)のバックアップ

次にデータベースのバックアップを行います。

 

一度、サーバーパネルに戻ります。

 

WordPressバックアップ

phpmyAdmin(MySQL5)」をクリックします。

 

WordPressバックアップ

ユーザIDパスワードを入力し、ログインします。

 

ユーザIDとパスワードが分からない場合は、
FTPソフトを起動して確認をしましょう。

 

ブログのドメインが、suzunoneiro.comの場合は、
エックスサーバーなら、/suzunoneiro.com/public_html/になります。

FTPの右側の、あなたのドメイン→public_htmlの順でファイルを開きます。

 

WordPressバックアップ

wp-config.phpというファイルを探して、
右クリックをしてダウンロードをしましょう。

 

WordPressバックアップ

そのまま開けない場合は、任意のテキストエディター(メモ帳でもOK)を開いて、
ファイルをそのテキストエディターにドラック&ドラップすれば開けます。

その中のデータベースのユーザー名とパスワードがあなたのものです。

 

WordPressバックアップ

ログインを終え、phpmyAdminの左サイドバーにある
データベース名をクリックします。

 

WordPressバックアップ

上部のタブから「エクスポート」をクリックします。

 

WordPressバックアップ

エクスポート画面で、
全選択をクリックして、「SQL」にチェックが入っていることを確認

構造の「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」にチェックを入れます。

 

Wordpressバックアップ

ファイルに保存する」にチェックを入れ、
右下の実行をクリックしてダウンロードしてください。

通常は圧縮なしでいいですが、
データ量が多い場合は圧縮をおすすめします。

200MBを超える場合に圧縮の目安としてください。

 

以上で、データベースのバックアップが完了です。

この2つの手順でバックアップを取っておけば不測の事態にも安心ですね!(´∀`*)

 

ちなみに

プラグインでもバックアップをしてくれるものがあります。

しかし、僕はプラグインはWordPressを拡張してくれる便利なものだと思っています。

しかもプラグインは不具合が起こったり、
プラグイン同士がケンカしてしまう可能性があるので、
できるなら必要なプラグインだけを入れておくことをおすすめします。

ワンクリックでバックアップも復元もできるなんていうプラグインがありますが、
僕は大切な自分のサイトは自分の手で確実にバックアップして、
保存しておきたいと思っています。

慣れたらバックアップに時間はそれほどかからないですからね!

なお、ワンクリックで復元できるプラグインですが、
その復元はWordPressにログインできる状態の場合ですね。

先ほど紹介したWordPressの管理画面が真っ白になったのはプラグインお前のせいだ!では、
ログインすらできないのでプラグインに頼ることはできません。

 

さらに、FTPソフトでは、どうしてもエラーが起こってしまったりするし、
時間もかかります。

その点、バックアップが簡単にできるエックスサーバーをおすすめします。

よろしければ以下を参考にしてみてください。
↓↓↓
WordPress向けおすすめレンタルサーバーはここしかない!

 

まとめ

バックアップは万が一のことを考えて定期的に取りましょう!

WordPressの新しいバージョンの更新のときと、
月に一度のくらいのペースでバックアップするといいですね。

あなたの大切なサイトに何かあってからでは遅いですよ!

またパソコンの故障も考えて外付けハードディスクなどに保存するとなおベターです。

よろしければ参考にしてみてください。

 

バックアップデータからの復元方法についてはこちら!
↓↓↓
WordPressのバックアップからの復元を簡単に誰でもできる方法を解説

 

>>次のページ

WordPressのバックアップからの復元を簡単に誰でもできる方法を解説

 

 

四角ライン

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


さらに下のボタンからSNSに拡散していだたくととても嬉しいです^^

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です