2018年でも通用するGoogleアドセンスのまとめ情報はここをクリック!

アドセンスでクリックされる記事タイトルの付け方や文字数とSEOの関係性

 
  2018/04/12
WRITER
 
Googleアドセンス クリックされる 記事タイトル 付け方 文字数 SEO
この記事を書いている人 - WRITER -
Googleアドセンス専門家として、人が人らしく生きるため、ストレス社会に束縛されず、雇われずに自分の力で生きていけることをモットーにGoogleアドセンスに詳しくなって収益化して未来を変える方法を初心者でも分かりやすく理解できる記事を書いています。 Googleアドセンス実績:月141万PV・月41万円達成。2018年1月3日3時間で22万PV達成。 その他実績:Googleアドセンスブログを80万円で売却。
詳しいプロフィールはこちら

Googleアドセンスで収益化するためには、ネタ選定やキーワード選定も大切ですが、検索エンジンに表示されたあなたの記事がクリックされる必要があります。

 

検索したときに「これどうなんだろう?」って思うタイトルがたしかにあるよね・・・。

 

人間中身が大切と言われますが、やはり見た目も大切です。

 

いくら性格が良い人でも、見た目が悪いと印象も悪くなるし、モテないですよね!

 

それと同じように、あなたの記事も検索エンジンに表示されたときに、モテないよりモテた方がいいですよね?

 

検索エンジンで表示されたときにモテる秘訣は、興味を惹けるタイトルにあることです。

 

実社会とは違い、検索エンジンに表示された記事は、他に判断できるものがないので、「見た目が100%です!!」

 

イケメン男子が女の子にキャーキャー言われるようなクリックしたくなる魅力あるタイトルの付け方をSEOの関係性を含めて解説していきます。

 

さらに、大切な文字数についても解説しますね。

 

記事タイトルの重要性を確認しておこう

 

いくら良い「ネタ選定」や「キーワードを選定」したとしても、「記事タイトルの付けた方次第でアクセス数は増減する」ということを知っておいてください。

 

例えば、『iPhoneX』が発売されることが公開された直前だと、このように考える人がいます。

 

iPhoneXの発売日っていつだろう?

 

とてもよくある光景ですよね。

 

そう思った人は、インターネットで「iPhoneX 発売日」と検索します。

 

検索結果が表示されると、大半の人は1番上に表示されている記事タイトルをとりあえずクリックします。

 

ある企業の調査結果では、おおよそ1位が34%以上、2位が17%、3位が11%となっていて、下に行くほどクリック率は低下します。

 

できれば、あなたのブログ記事が最低でも1~5位に表示されるように記事を書いていって欲しいところです。

 

それ以下だとクリック率が10%以下になり激減し、11位以降に表示される2ページ目、3ページ目は、よほど情報を探している人しか見ません。

 

つまり、2ページ目、3ページ目の記事は、検索エンジンに埋もれてしまっていると言っても言い過ぎではないので、上位表示されることを前提に記事を書いて欲しいですね!

 

しかし、記事をアップして検索エンジンに表示されても、どうしても上位表示されない場合もあります。

 

そんなときのためにも、「上位の記事よりどんな記事タイトルにすれば自分の記事タイトルがクリックされやすいか?」を考えられないと成果は出ないので、記事タイトルは絶対に手を抜かないように決めてくださいね!

 

クリックされやすくアクセスを集める記事タイトル付けの7つのポイント

 

1. 記事タイトルは31文字以内で付ける

 

記事タイトルがめちゃくちゃ長くてファンの間では有名な乃木坂46の齋藤飛鳥さんのブログのように記事タイトルをだらだら書いてしまうと、検索エンジンでは全部表示されません。

 

さっきの『iPhoneX』の例を使うと、「iPhoneX 発売日」で検索してみると、検索結果の中に、こんな記事タイトルがありました。

 

iPhonex 検索結果

 

後半が『発売前の噂を…』となり、その後が表示されてませんよね?

 

しかし、記事タイトルをクリックして、ブログを見てみると『9月8日更新【新型 iPhone】10周年記念のモデル名は X ?…発表前に噂をまとめてみた』となっていました。

 

なんで全部表示されないの?

 

検索エンジンでは、Googleの場合は32文字まで、Yahoo!の場合は31文字しか表示されないんです。

 

このような理由から31文字以内で記事タイトルを付けるようにしてください。

 

ちなみに文字のカウントは全角なので、半角の場合は、2文字で1文字と計算してください。

 

文字数を計測してくれる便利なサイトがあるので、使ってみてくださいね。

http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/

 

文字数があまりにも少ないとキーワードの関係上アクセスを集める可能性が少なくなってしまうので、できる限り28~31文字くらいのタイトルを付けるようにしてください。

 

タイトル文字数とキーワードのポイント
  • タイトル文字数が少ない場合はキーワードを追加する
  • タイトル文字数が多い場合はキーワードを1つ諦める

 

2. メインキーワードは先頭に持ってくる

 

これはめっちゃ重要なので一番覚えておかないといけないポイントです。

 

メインキーワードは必ず先頭に持ってくるようにしましょう。

 

検索エンジンは、先頭のメインキーワードと複合キーワードが結び付ける仕様になっています。

 

メインキーワードは、先頭に持ってきて、何の記事なのかはっきりさせてあげましょう。

 

例えば、新垣結衣さんの髪型の記事を書くためにメインキーワードを新垣結衣とし、複合キーワードを髪型として、こんな記事タイトルを付けました。

 

『前髪の切り方や日々のセットを覚えて新垣結衣の髪型を真似しよう!』

 

これだとメインキーワードの「新垣結衣」が途中にあるため、「髪型」に関するキーワードが「新垣結衣」と結び付きにくいです。

 

『新垣結衣の髪型を真似しよう!前髪の切り方や日々のセットの方法』

 

このようにメインキーワードを先頭に持ってくる構成にした方が、「新垣結衣」の髪型を真似する方法の記事だと分かりやすくなり、上位表示されやすくなります。

 

3. 日本語として自然な記事タイトルを付ける

 

『新垣結衣の本名は?実家はどこ?彼氏は誰?すっぴん画像あり!』

 

キーワードを詰め込んでたくさんのアクセスを集めたいあまりに、明らかに不自然な日本語になっています。

 

何より「たくさんPVを集めてGoogleアドセンスで収益を得たい!」という思いが溢れ出ています。

 

しかし、このようなタイトルは、一時的にアクセスをたくさん集められるかもしれませんが、将来的にあなたの首を絞めることになります。

 

Googleは、価値のあるコンテンツを求めています。

 

収益を得るためだけで読者さんのことを考えていない低レベルコンテンツは評価しません。

 

こういう低品質なコンテンツは、いつかペナルティを受け、ブログが使いものにならなくなったり、Googleアドセンスアカウントが停止&剥奪される可能性もあるので、注意が必要です。

 

そこまでキーワードを詰め込まなくても2~3つのキーワードで十分上位表示できるので、誰が見ても日本語として自然な記事タイトルを付けましょう。

 

4. 記事タイトルは前半と後半に分ける

 

『新垣結衣の髪型を真似したいけど前髪が難しいし日々のセットが大変なのでその方法を教えるよ』

 

自然な日本語にするとしても、検索に需要のないキーワードがたくさん含まれていたり、ダラダラと文章のような記事タイトルは何の記事なのか、パッと見ただけでは判断が難しい記事タイトルは避けましょう。

 

人は28~31文字の記事タイトルを見て一瞬で判断はできないので、最初の数文字をまず見ます。

 

前半の『新垣結衣の髪型を真似しよう!』自分に必要か潜在的に判断し、必要だと判断すると後半を自然に読みます。

 

そこで後半の『興味を前髪の切り方や日々のセットの方法』のような魅力的なタイトルを付けておくと「見てみよう!」と思い、記事をクリックしてくれます。

 

5. 「、」や「。」は使わず「!」「?」「・」を使う

 

「、」や「。」を使うとタイトルにインパクトが出ず不自然になってしまいます。

 

  • 『新垣結衣の行く美容院は〇〇の△△らしい、地図付きで紹介。』
  • 『新垣結衣の行く美容院は〇〇の△△らしい!?地図付きで紹介!』

 

この2つだと明らかに下の方が興味を惹くし、見栄えもいいですよね。

 

もしどうしても「、」を使って区切らないといけないときは、「、」より「・」を使うとよりインパクトが出ます。

 

6. 思わずクリックしてしまう単語や文字を使う

 

キーワードが決定して31文字以内で記事タイトルを決めるとき、思わずクリックしてみたくなる記事タイトルを付けてみましょう。

 

  • 「〇〇〇だけで」「たった〇〇〇」など簡単なイメージをさせる言葉
  • 「〇〇〇すぎる」「これだけで〇〇〇」などの強調する言葉
  • 「選りすぐり10選」「7つのポイント」など具体的数字
  • 「損している!」「無駄なことはやめましょう!」などの見ておかないとマイナスを避けたい欲求の言葉
  • 「〇〇〇まとめ」「〇〇〇百科」「〇〇〇大辞典」などのまとめている言葉

 

さらに「やばい!」「まじで!」「暴露!」「衝撃!」「驚きの!」などを使うことで、興味を惹いてもらうと、あなたの記事の上位の記事ではなく、下位のあなたの記事を見てもらうことだってできます。

 

こういう言葉は刺激的なので、まったく平凡なタイトルよりずっと見たくなりますよね。

 

検索ユーザーの目に留まる記事タイトルを付けることにより、「そっちよりこっちが見たい!」となるのが人ですからね!

 

ただし、あまり使いすぎるとくどくなるので、1つだけ入れるようにして、あくまで自然な記事タイトルにしましょう。

 

7. 慣れて時間をかけずに記事タイトルを付ける

 

記事タイトル付けは重要ですが、考えすぎて手が止まって記事が書けないでは、本末転倒です。

 

最初から魅力的な記事タイトルは付けられないので、あなたなりに「これでいい!」と思う記事タイトルを付けるところから始めてください。

 

何記事も書いていれば、文章のように単語を接続語で繋いで、「メインキーワード」と「複合キーワード」に魅力的な単語をはめ込んで瞬時に自然な記事タイトルを付けることができるようになりますから安心してください。

 

上級テクニックになりますが、お宝ネタを見つけた場合、記事タイトル付けよりインターネットに誰よりも早く記事を投稿してブログにアクセスを流したいスピード勝負の場合もあり、記事タイトル付けに時間をかけていられないときもあります。

 

そんな場合は、ある程度妥協した記事タイトル付けが必要になってきます。

 

まとめ

 

記事タイトルの付け方次第でアクセスは大きく変わります。

 

検索エンジンで最低でも1~5位に表示されるように、記事タイトルが他の記事に負けないくらい魅力的か考え、絶対に手を抜かないようにしましょう!

 

クリックされやすくアクセスを集める記事タイトル付けの7つのポイント
  1. 記事タイトルは31文字以内で付ける
  2. メインキーワードは先頭に持ってくる
  3. 日本語として自然な記事タイトルを付ける
  4. 記事タイトルは前半と後半に分ける
  5. 「、」や「。」は使わず「!」、「?」、「・」を使う
  6. 思わずクリックしてしまう単語や文字を使う
  7. 慣れて時間をかけずに記事タイトルを付ける

 

このようなことに気を付けることによって、クリック率の上昇としても効果的でアクセスアップに繋がります。

 

さらに何回もクリックされて記事を読まれることによって、Googleの評価が上がり、1つ順位が上がるなんてことも普通に起こりえます。

 

これらを参考に誰もがついついクリックしてしまう魅力的な記事タイトルを付けてみてください。

 

Googleアドセンスについて、完全に把握してもらうために、まとめページを作成していますので、順番に見ていかれることをおすすめしています。
Googleアドセンス登録申請方法から広告設置まで&その他応用まとめ

 

僕がブログ開設後6ヶ月でGoogleアドセンスで41万円達成したすべてを詰め込んだノウハウを無料E-bookとして差し上げています。

古川英宏 E-book

 

僕がGoogleアドセンスで収益化したノウハウを惜しみなく公開しています。

何も知らない初心者でも『0』から初めても、このE-book通りに実践すれば、Googleアドセンスで収益化をすることができます。

無料なのに有料の教材を買ったのかと勘違いしてしまうほどのノウハウをぜひ手に入れて、あなたのGoogleアドセンス収益化に役立ててみてください。

さらにあなたのGoogleアドセンス収益化を少しでもお手伝いするとっておきの情報もお付けしています。

それはE-bookの最後でお知らせしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
Googleアドセンス専門家として、人が人らしく生きるため、ストレス社会に束縛されず、雇われずに自分の力で生きていけることをモットーにGoogleアドセンスに詳しくなって収益化して未来を変える方法を初心者でも分かりやすく理解できる記事を書いています。 Googleアドセンス実績:月141万PV・月41万円達成。2018年1月3日3時間で22万PV達成。 その他実績:Googleアドセンスブログを80万円で売却。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Googleアドセンス総合専門家 古川英宏 , 2018 All Rights Reserved.