2019年でも通用するGoogleアドセンスのまとめ情報はここをクリック!

アドセンスブログ記事の見やすい書き方テンプレートと12個のコツ

 
  2018/11/16
WRITER
 
Googleアドセンス ブログ 記事 見やすい 書き方 テンプレート コツ
この記事を書いている人 - WRITER -
Googleアドセンス専門家として、人が人らしく生きるため、ストレス社会に束縛されず、雇われずに自分の力で生きていけることをモットーにGoogleアドセンスに詳しくなって収益化して未来を変える方法を初心者でも分かりやすく理解できる記事を書いています。 Googleアドセンス実績:月141万PV・月41万円達成。2018年1月3日3時間で22万PV達成。 その他実績:Googleアドセンスブログを80万円で売却。
詳しいプロフィールはこちら

Googleアドセンスの運営ブログで、たまに記事の内容がめちゃくちゃの方がいます。

 

ネタ選定・キーワード選定がちゃんとできていても、記事内に流入した後すぐに「読みたくない」と思われてしまっては、アドセンス広告をクリックされる前に離脱されています。

 

せっかく頑張って記事を書いたのにちゃんと読まれてないって悲しいね。どうしたらいいのかな?

 

どんな記事の書き方が一番いいのか分からないのよね・・・。

 

そうなんです!

 

Googleアドセンスの初心者さんであればあるほど、ネタ選定やキーワード選定の知識を得たとしても、記事の内容がうまく構成されていないんです!

 

そうなると、

 

  • めちゃくちゃ読みにくい
  • 読んでいて疲れる
  • 書くべきことが書かれていない
  • 要点がずれている
  • どこにでもあるような内容になっている

 

このような記事の内容になってしまいます。

 

別にプロライターさんみたいな記事は書く必要はありませんが、これでは、心に刺さる内容ではないし、満足もされず、しっかり読んでもらえなくなります。

 

これはGoogleが求める価値あるコンテンツとしても危険です。

 

だからこそ、今回はまずGoogleアドセンスにおける価値あるコンテンツにするための要点を押さえて、ブログ記事をストレスなく、見やすく、しっかり最後まで読んでもらえる書き方のコツと、それをテンプレート化した内容をお伝えします。

 

Googleアドセンスにおける価値あるコンテンツにするための3つの要点

 

1. 文字数を把握する

 

ネタ・キーワード選定を終えて、渾身の記事タイトルを付けた記事にアクセスしてもらっても、文字数があまりにも少なく、記事内容の中身が薄くては意味がありません。

 

ブログの1記事は1000~1500文字を最低基準としてください。

 

え!?1000文字や1500文字も書くの?

 

文章を頻繁に書かない人からすると、「そんなに書けない」と思うかもしれませんが、400字詰めの原稿用紙くらいの文章だと、読む側がコンテンツとして見た場合、間違いなく情報量が少ないです。

 

400文字は時間にすると、1分ほどで読めてしまい、ましてやブログ記事を一字一句読む人は、なかなかいません。

 

アクセスしてきてくれる読者さんは流し読みをすると覚えておいた方がいいです。

 

それに情報量の少ないブログは、Googleにいい評価をもらうことができず、必然的に上位表示ができません。

 

読者さんのためを思って書いている記事は、分かりやすく情報量が多いです。

 

例えば友だちに自分が体験した話を伝えるときは、長時間かかりますよね?

 

一生懸命話そうとするからこそ、時間がかかるんです。

 

それと同じように、人が満足できる内容を伝えようとすると、文字数を増やすと考える前に、結果的として文字数は多くなります。

 

しかし、少ない文字数になってしまうからという理由で、「他のブログやサイトから文章をコピー」本当にNGです。

 

Googleは、すでにあるコンテンツのコピーを評価対象にせず、コピーをするとあなたのブログは検索エンジンに嫌われることになります。

 

そういうことを続けていると、Googleから鉄槌が下されて、ブログが使いものになることになりますので、絶対にやめておきましょうね!

 

もちろん、たくさんの文字数を書けるときは書いていくといいですよ。

 

「1000文字や1500文字いったからもう終わり」ではなく、しっかりとした価値あるコンテンツになるように心掛けてください。

 

2. オリジナリティ溢れる記事を目指そう

 

あなたのオリジナルティ溢れる記事を書いていく方がGoogleの評価は高くなります

 

オリジナリティ溢れる記事ってどんな感じ?

 

オリジナルティ溢れる記事にするには、書きたいことや見つけてきた情報にオリジナリルな要素を盛り込んでいきます。

 

オリジナリルな要素を盛り込むポイントは、「情報」だけではなく、情報に対する「あなたの本音や感想」を伝えるようにしましょう。

 

「僕はこんな理由からこう思う」とか「こんな情報であるけど私の考えは違っていて実はこんなふうに思う」などの人間らしさを出していくとよりオリジナルティのあるブログになっていきます。

 

記事を書きながら、感想を入れていくのは難しいと思いますが、その情報を見て、「自分ならどう思うか?」と天井を見上げてみて、「自分ならこう思う」ということを記事の中に盛り込んでいきましょう。

 

そうすることで、あなただけのオリジナリティ溢れる記事になっていきます。

 

読者さんに向かって掛け合いをするのもおすすめです。

 

「〇〇だと思いませんか?」「それを調べてみました!

 

こんな感じで文章を運んでいくと理由付けもしやすいですよね!

 

3. Googleアドセンスプログラムポリシーは絶対に守る

 

Googleアドセンスプログラムポリシーを十分に理解し、違反しない記事を書くことに心掛けてください。

 

中でも特に肌の露出の多い画像(男性女性に関わらず水着の画像など)は、アダルトコンテンツと判断されてしまうことになりかねませんので絶対に注意しましょう。

 

他にも自殺・暴力的・宗教批判・過度な誹謗中傷・アダルトな内容は、書かないようにしましょう。

 

無意識のうちに記事の中にキーワードとして入ってしまっている場合があるのでチェックするようにしましょう。

 

 

この2つは再確認しておきましょう。

 

最低文字数を自然に書くためのテンプレート

 

文字数の多い記事を書くコツとして、「見出し」を使っていきます。

 

『乃木坂46 20thシングルセブンイレブン限定特典が今回もやばい!』

 

こんなタイトルの記事を書いたとします。

 

この記事のキーワードは、「乃木坂46 20thシングル」がメインキーワードで、「セブンイレブン限定特典」が複合キーワードです。

 

この2つの大きなキーワードで、話に膨らみを持たせて、見出しを付けて書いていけば、意外と1000~1500文字なんてすぐに書くことができます。

 

導入部分

100文字

 

乃木坂46 20thシングル『シンクロニシティ』の発売日は4月25日(見出し2)

200文字

 

乃木坂46シングルの過去のセブンイレブン限定特典を紹介(見出し2)

200文字

 

乃木坂46 20thシングル『シンクロニシティ』セブンイレブン限定特典はこれだ!(見出し2)

200文字

 

セブンイレブン限定特典は予約すれば必ず手に入るの?(見出し2)

200文字

 

まとめ(見出し2)

100文字

 

これで1000文字です。

 

あとは、それぞれの項目にしっかり意見や感想を肉付けすれば、1500~2000文字くらいなら、余裕で書けてしまいます。

 

さらに「乃木坂46シングルの過去のセブンイレブン限定特典を紹介(見出し2)」の中に、

 

  • 17thシングル「インフルエンサー」のセブンイレブン限定特典(見出し3)
  • 18thシングル「逃げ水」のセブンイレブン限定特典(見出し3)
  • 19thシングル「いつかできるから今日できる」のセブンイレブン限定特典(見出し3)

 

このように見出し2の中に見出し3を入れ込んでいけば、SEOとしての評価も高くなります。

 

もちろん、見出し3の下には内容を書かないとダメですよ!

 

ストレスを感じさせない見やすい記事本文の書き方5つのポイント

 

Googleアドセンスプログラムポリシーに違反しないのは当たり前として、価値あるコンテンとしてオリジナリティ溢れる記事を重視して、見出しをちゃんと使っていけば、後は自由に書いてもいってもいいのかな?

 

いくら内容が良くて、見出しが効果的に使われていても、読みにくい文章は読まれません。

 

新聞や参考書のように、気合いを入れて読まないといけない文章ではなく、読みやすい文章であることが重要です。

 

大前提として、あなたの書く文章は、「ブログ記事である」という認識を持ってほしいです。

 

ブログに書かれている記事に対して、「よーし!読むぞ!!」と気合いを入れてくる人なんていないですからね!

 

記事本文の書き方をより良くすることで、さらに読者さんがしっかり記事を最後まで読んでくれます。

 

しかし、次のような書き方は、やめておきましょう。

 

僕は、昔から宮﨑あおいさんの大ファンです。2002年に『NANA』という映画で宮﨑あおいさんを知って、めっちゃファンになりました。その後、2006年にNHKの朝ドラ『純情きらり』が放送され、リアルタイム・総集編・再放送を全部観て、もっとファンになりました。さらに宮﨑あおいさんの数々の映画を観て、今も変わらず大好きです。 (ちなみにこれは僕の実話です)

 

いくら見出しがあっても、このように本文が詰まった文章では、読者さんは気楽に読むことができません。

 

しかも、この文章が1000文字以上続いているとかなりきついですよね。

 

僕だったら、よほど知りたい情報でない限り、ページを閉じてしまいます。

 

これらを改善するため、読みやすくするポイントを5つ紹介します。

 

1. 改行を上手に使う

 

まず、芸能人がアメブロで書くような書き方はやめましょう。

 

芸能人のアメブロの書き方

「、」で改行して、記事内の左側に文章が集まり、右側に大きな空白を作る

 

一見すると読みやすいように感じるかもしれませんが、スマホで表示されると本当に読みにくいです。

 

ブログにアクセスしてくれる読者さんは、ほとんどがスマホからです。

 

スマホからのアクセスが80%を超えるときもよくあります。

 

左側に文章を寄せる文章の書き方に関して、Googleは「一行に対する文字数が足りない」と判断するので、Googleアドセンス審査基準でも問われています。

 

改行を上手に使うポイント

文章は「、」で改行せず、「。」まで続けて、「。」で改行する

 

2. 行間を多めにとる

 

「。」でエンターキーを押して、改行するのが一般的で、そうしているブログもたくさんあります。

 

しかし、本当に見やすい行間を追及していくと、それでは行間として詰まって見えてしまいます。

 

行間 パソコン

 

パソコン画面では、読んでいてもそれほどストレスがないかもしれません。

 

行間 スマホ

 

しかし、スマホでは段落をパーツとしてのまとまりで文章を見てしまいがちなので、目が痛くて結構ストレスです。

 

パーツとしてのまとまりに間を作ってあげることにより、ぜんぜん読みやすさが変わってきます。

 

その方法として、「。」を打ったらエンターキーを2回押すことをしてみてください。

 

ぜんぜん読みやすさが違ってきます。

 

あまりにも不自然な場合は、適宜調整してください。

 

(このブログも以前まで行間に気を遣っていませんでしたが、時間を見て少しずつリライトしています)

 

3. 装飾をたくさん入れる

 

黒字ばかりで同じペースで、ず~っと続いているとどこが重要でどこが強調したい部分なのか分かりません。

 

重要なところ、強調したいところは、「太文字」「赤太文字」「お使いのWordPressテーマで使えるその他の目立つ機能」を使っていきましょう。

 

アクセントを付けて抑揚を付けることも重要ですが、読み飛ばされることも減って、よりしっかり文章を読んでもらえます。

 

4. 箇条書きを要所で使う

 

文章ばかりが並んでいても面白味がない文章になってしまいますので、箇条書きが使える機会があれば使っていきましょう。

 

箇条書きをうまく配置することで要点の理解が深まり、しっかり記事を読んでもらうことができます。

 

5. 画像やイラストを入れて目を休める

 

改行、行間、装飾、箇条書きをうまく使ったとしても、それらはすべて文字です。

 

たまには、画像やイラストを入れて、「読む」ということから目を休めてあげると効果的です。

 

画像やイラストを入れることで、記事全体のボリューム感が増すという効果もあります。

 

これらを踏まえて、上の文章を書きなおすと、

 

僕は、昔から宮﨑あおいさんの大ファンです。

 

2002年に『NANAという映画で宮﨑あおいさんを知って、めっちゃファンになりました。

 

その後、2006年にNHKの朝ドラ『純情きらり』が放送され、リアルタイム・総集編・再放送を全部観て、もっとファンになりました。

 

さらに宮﨑あおいさんの数々の映画を観て、今も変わらず大好きです。

 

(ちなみにこれは僕の実話です)

 

箇条書きや画像などは入れていませんが、上の文章よりは随分読みやすくなりましたね!

 

こんなふうに読者さんが読みやすい記事を書くことに意識すれば、見やすい記事本文になって、読者さんが読んでくれるしっかりした記事になり、ブログ全体が良いコンテンツに仕上がっていきます。

 

さらに本文を魅力的にするには導入文に力を入れる

 

見やすい記事本文をさらにしっかり読んでもらえるようにするには、導入文に力を入れてみましょう。

 

記事の一番最初に書いていく導入文で、

 

  • 「え?まじで?それ超絶興味がある!!!」
  • 「この先、読んでいくのがワクワクしてたまらないぜー!!!」

 

こんなふうに思ってもらえたら、真剣に本文を読んでもらえると思いませんか?

 

これは間違いなく、あなたがその読者さんのハートを鷲掴みした状態ですよね。

 

なかなかそんなふうに鷲掴みすることは難しいですが、最低限この記事にはこんなことが書いてあって、今からそれを話しますよ!ということを導入文に書いて、読者さんのテンションを上げることできれば花丸ですね。

 

導入文を書くときの注意

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」などの挨拶は入れない。

読者さんがあなたの記事を見る時間はいろいろなため、違和感を与えかねない。

記事の一番最初で違和感を与えてもいいことなんてまったくない!損しかない!

 

これだけは本当に知っておいた方がいい注意するべき3つのポイント

 

1. 見出しにキーワードが入ってない

 

見出しに選定したキーワードが入っていないのは、コンテンツとしても良くないし、SEOとしても不利です。

 

記事タイトルにキーワードが入っていることで、「この記事はこのキーワードについて書いているんだね!」と検索エンジンに認識してもらえるのですが、見出しにもキーワードを入れていることで、検索エンジンに認識してもらうことができます。

 

記事タイトルほど認識はされませんが、見出しにキーワードを入れることはとても効果的です。

 

なので、見出しには必ず選定したキーワードを入れておきましょう!

 

2. 見出しに書いてある内容が薄い

 

見出しにキーワードを入れていても、見出しの下に書かれている内容が薄すぎては価値あるコンテンツとして良くありません。

 

え!?この情報が知りたかったのに、これだけ?

 

こんなふうになってしまっては、あなたの記事を見てくれた読者さんは当然満足できません。

 

キーワード選定した内容なのですから、読者さんに満足してもらえるしっかりした内容を書きましょう!

 

3. パーソナライズ効果の重要性

 

パーソナライズ効果って何かな?聞いたことないよ?

 

パーソナライズとは、顧客やユーザ一人ひとりの属性や行動履歴に基づいて最適化されたサービスを提供する手法を意味します。

引用元:PROTO SOLUTION用語集

 

「なんのこっちゃ!」となると思いますので、簡単な例を出してみます。

 

大勢の人たちがあくせく歩いている街中で、東急ハンズまでの行き方に迷ったあなたがこんなことを言ったとします。

 

どなたか、東急ハンズまでの行き方を教えてもらえませんか?

 

これでは、誰も見向きもすることなく、立ち止まって教えてくれる人がいないでしょう。

 

そこの赤いワンピースの素敵なお嬢さん、東急ハンズまでの行き方を教えてもらえませんか?

 

これだと、高確率で立ち止まってもらえて、東急ハンズまでの行き方を教えてもらうことができますよね!

 

これがパーソナライズ効果というものです。

 

ブログ記事で「皆さん」と書くと、自分のことを言われていないみたいで響かないですが、「あなた」と書くと、「自分のことなんだ!」と思ってもらえて、記事を真剣に読んでもらえます。

 

たったこれだけのことですが、ぜんぜん変わりますので、必ず「あなた」と呼びかけていくといいですね!

 

これら見やすい記事本文のコツをすべて使うことで得られるメリット

 

CTAが大幅に上がる

 

CTAとは、コールトゥーアクションの略で、「次にしてほしいアクション」のことです。

 

「記事を読んだけど次は何をしようかな?」という思いを促してあげることや場所のことをいいます。

 

記事を読み終えると、必ず次の行動をします。

 

Googleアドセンスブログの場合、広告をクリックしてもらうことが目的なので、広告のクリック率の上昇に繋がります。

 

逆にいうと、しっかり読んでもらえない記事は、広告をクリックしてもらえずに素通りされてしまいます。

 

急いでいるときは後から煮詰めても良い

 

記事作成を大急ぎでしてしまわないといけない状況もあると思います。

 

そんなときは、読者さんにある程度満足してもらえる記事を作成できたら、投稿ボタンを押してアップしてしまって、後からしっかりとした記事になるように煮詰めるのもありです。

 

型にハマったガチガチの記事作成よりも、ある程度柔軟な対応ができる方が気楽に作業できます。

 

「こうやらないといけないとこうする!」と頑固一徹だと、作業そのものが楽しくないですからね!

 

まとめ

 

結構な割合で記事本文がめちゃくちゃになっている方が多いです。

 

選定したキーワードがまったく入っていなかったり、内容が薄すぎたりします。

 

そして、何より読みにくすぎて、「もうええわ!」ってなるともったいないですよね。

 

文字数を満たすためのテンプレートを使って、いろいろなポイントに注意して、記事本文を書いてみると随分記事内容も変わってくると思います。

 

「読みやすくて知らない間に読み終えていた!」というのが理想なので、そんな記事を書けるようになると素敵ですね!

 

↓ 次はこっちのページを見てみよう!

Googleアドセンス記事作成が遅い人必見!素早く仕上げる書き方例

 

Googleアドセンスについて、完全に把握してもらうために、まとめページを作成していますので、順番に見ていかれることをおすすめしています。
Googleアドセンス登録申請方法から広告設置まで&その他応用まとめ

 

僕がブログ開設後6ヶ月でGoogleアドセンスで41万円達成したすべてを詰め込んだノウハウを無料E-bookとして差し上げています。

古川英宏 E-book

 

僕がGoogleアドセンスで収益化したノウハウを惜しみなく公開しています。

何も知らない初心者でも『0』から初めても、このE-book通りに実践すれば、Googleアドセンスで収益化をすることができます。

無料なのに有料の教材を買ったのかと勘違いしてしまうほどのノウハウをぜひ手に入れて、あなたのGoogleアドセンス収益化に役立ててみてください。

さらにあなたのGoogleアドセンス収益化を少しでもお手伝いするとっておきの情報もお付けしています。

それはE-bookの最後でお知らせしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
Googleアドセンス専門家として、人が人らしく生きるため、ストレス社会に束縛されず、雇われずに自分の力で生きていけることをモットーにGoogleアドセンスに詳しくなって収益化して未来を変える方法を初心者でも分かりやすく理解できる記事を書いています。 Googleアドセンス実績:月141万PV・月41万円達成。2018年1月3日3時間で22万PV達成。 その他実績:Googleアドセンスブログを80万円で売却。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Googleアドセンス総合専門家 古川英宏 , 2018 All Rights Reserved.